子供の足がむくむんです...むくみは機能の異常です.歯並びにも影響を与えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

三歳から、5歳の間に土踏まずが発達します.
つまり、足をどのように使うかを決めてしまうのがこの時期です.

この時期には、
姿勢が悪く、足を投げ出して座っているだけで..
親に抱かれていて、足をつかない生活しているだけで..
足が地面に着くという機能の不全が起こります.

足のむくみは、足の機能の不全で起こりますから
とりあえずは、うまく足を動かして上げれば
末梢の血流不全ですから、
すぐに回復しますが、
形状的な異常は、成長期にしっかりと
姿勢の指導をさせることが大事な
教育です.

未来の歯科治療のほとんどは、
早期成長期の
ゼロ歳から三歳までの間に
僅かな機能の問題が起こり始めた時に
対応ができれば
問題が形状の異常になるまでに
回復できるのです.

人の筋肉に対してのDNA
をうまく育てることが

新しい子供の成長発育を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?
 お電話 03-6273-3678
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?