5歳なら数ヶ月で、獲得する。噛めないという子、五歳、全部歯の間が詰まっています。。そして、二歳半でゼロ歳からの教育受けた子供さんは。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

乳歯の間が詰まっていて
隙間が無い。。。子供さんが
5歳くらいで、お母さんたちが気がついて
連れていらっしゃいます。

正常な成長って。。
保育園とか、幼稚園で教えてもらっていないんです。

もし教えてもらっていれば。。

二歳半で、この様な成長を遂げます。
歯と歯の間が、しっかりと空いているのがわかりますよね。

の違いは、教育そのものです。

教育が違うと、成長が違うんです

便利になりすぎた世の中
この環境が、子どもたちの成長を
止めてしまっているのです。

お母さんたちは
泣いたら、原因と、様子を見ないで
その姿を、泣いていると勘違いして
抱いてしまって
子どもたちが、何を意味して
泣いているのかも知らずに
抱きしめてしまいます。

もし、その泣き方が
お腹が空いているのか
とかだったら。。
いいのですが。。

ただ、我侭でとか
ただ。つまんないだとか。。
ただ、居場所が無いとか
だったら。。
周りを見渡して
楽しくないとか。。
だったら。。。

この時に抱いてしまったら
成長は。。
どんな成長になるのでしょうか。

食べたくないからという表現は
怒っているのですから
この表現を泣いているということにしてしまうと
成長するというハードルは
できるというハードルですから。。

出来ないと、やらない
やらないと出来ない
嫌いだから、やらない。。

という表現をすると
親が、その問題を最初は、
泣いていると勘違いして
抱いて寝かせたり
おっぱいを与えたりしていたのが。。

5歳になると
詰まっている歯並びにも現れます。この歯並び、食いしばりです。
(しっかり大きく口を開いて泣く、大きく口を開いて話す、大きく口を開いて笑うなどの顔の表情がしっかり喜怒哀楽を表せる子供は、一つの言葉を発声するのに、80以上の全身の筋肉を使って発声するという、教育を親が受けている子どもたちです。この全身の筋肉を動かす、言葉さえ、泣くという仕事さえ赤ちゃんのうちに抱かれてしまって止められると、エネルギーの使い方を知らないで成長することになるのです。)

5歳で歯が詰まっている子どもたちの
特徴は、
噛んで食べられない、もしくは、食べやすいものしか食べない
親の言うことを聞かない、もしくは、出来ない。
落ち着きが無い、もしくは、すぐに疲れて抱っこ

という共通点が半数以上にあるようです。

未来歯科で行うのは
この子どもたちの体と心の
成長をさせてあげることです。

5歳なら、できるようになるとたった数ヶ月で
子供たちは、成長を獲得する
顔立ちと、歯並びを獲得し始めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?
 お電話 03-6273-3678
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?